本文へスキップ

ゲームライフ・ゲーム

亜麻矢幹のエンタメコンテンツ

15/04/29 (水) 祝日

天候よし。
体調も問題なし。
準備万端、いよいよチャレンジのときが来ました。
今日の目的地はずばり境川の終点。

境川【町田〜江ノ島】

境川は最終的に相模湾につながっています。
そして、そこは、かの有名な江ノ島なのです。
実は最初の頃は知らずに走っていたのですが、地図を確認していて、おやと思ってから、最後はここまで行けるようになりたいという気持ちが強くなっていったのでした。
前の2回では目的地をそれぞれ大和駅と湘南台駅に設定しましたが、これがだいたいの目安で川を三分割したときの場所だったのです。

町田〜江ノ島の距離はおよそ30km。
自転車ではまず一般的に3時間程度かかります。
……普通に行くとしてもけっこう大変ですよね。
さらに川沿いに進むため最短距離ではないことと、周りを眺めながら、また休憩しながら行くことを考慮すると……まあ4〜5時間はかかるんじゃないか……と。
……ほんと大変そうだな。
でも、やってみるよ。
ということで、準備を整え、朝イチで行動することにしました。
8時にポタスタート!

さて。
この一連のチャレンジの基本テーマは川下りなわけですが、今回は時間と体力の節約のため、途中までショートカットすることにしました。
さささーっと、町田街道を通って厚木街道に出ます。
そして、国道16号に差し掛かったとき。


あ、なんだあれ。
道路、作ってるや。
後で調べたら、大和バイパスの町田立体事業という、高架化の計画でした。
今は完成してますが、 この段階ではまだまだ橋脚の基礎工事段階。


特にここは、国道16号の上を国道246号が高架でまたいでいて、さらにその上を通すという、もう何がなんだかという状態のようで。


さて、その後、南下して境川に合流しました。
後はひたすらゴー。


定番のカモ。
みんなしてお休み中。


やったー。
タイミングよく新幹線が通る。
前回はかなり近づいたところで通り過ぎていったので、うまく撮影できなかったんですよね。
それにしても、この半年後、これに乗って福岡まで行くことになるとは、つゆほども思わなかったな。


川の中央に何かいるのを発見。


あー、カワウだ。
羽を広げてる姿がサマになりますねぇ。
また、いい具合に石があるんだな、これが。


びっくりしたのがコレ。
手すりの前に人が集まっていたので直感というか経験則で「何かレアなのがいる!」と思い、すぐさま自転車を降りてカメラを握りました。
すると……。


キ、キジー!
いるか!? 普通!?
いや、いてもおかしくはないのかもしれないけれど……!
町田……じゃなくて、もう藤沢に近いあたりで……そうか、いるんだ。
はあ。
色鮮やかな立派なオスですが、近くにメスはいるのかなぁ?
人の手が入ってるところが多くて暮らしにくいだろうけど、なんとか頑張って生きてほしい。
すごいもの見た。
なんかこれだけで今回の旅は満足なんだけど……まあ、先行きますか。


そして、藤沢駅の近くまで来たところで川沿いの細い道が消えて、国道467号を走らなければいけない所がありました。
観光地的なアピールもしてるようで。


久しぶりの普通の歩道。と車道。
川に戻れそうな所もあったのですが、正直、かなり疲れていたので、しばらく467号を走ることにしました。
だって……楽なんだもん……歩道。


そして、しばらくして境川がいつの間にかこんなに広くなっていて驚いた。
あれ、そんなに走ってたっけ?
あー、走ってたのかぁ……心当たりはあります。
ここまでに柏尾川という川と合流する場所があるのですが、そのあたりから急に大きくなるようです。
しまった、そっち見ておけばよかったな……などと思ったりもしたのですが、 実はトイレに行くため、一旦、藤沢駅の方まで出て、大型商業ビルで用を足したりということをしたので、仕方なかったりもします。


川のカーブが激しくなって、橋も太くなっていき、そろそろ終わりが近いのだという予感がします。


くねくねしてて川沿いも走れるんですが、もう早く終点に着きたいという気持ちの方が上回ったので、そのまま467号を南下することに。


うあー、久しぶり。
片瀬江ノ島駅。
とうとう着いたという実感。
小田急線沿線に住み続けている僕にとって「江ノ島に行く」というと、この「片瀬江ノ島駅までの移動」という概念の方が強く、この時点で「到着」なんですよ。


目の前の橋を渡って、江ノ島を遠望。


海岸線に行ってみた。
うわぁ、海だー。
何年ぶりだろうか。


海だー。
4月末、気温はそこそこ高く、雲も多めだけど日射しは強い。
海水浴には早いけど、海で過ごしたくなる気持ちになるのもわかります。
大学の水泳関係のクラブの人たちや、サーファーなどはデフォでいましたけれど。


海だー。
ところで、時刻は13時。
もろもろ含めて、5時間くらいかかったわけですね。
一旦、ここで自転車を置いて、徒歩で砂浜をぶらーり。


沖には船。


手前には水上バイクが。


空にはトンビ。
十数羽ほど飛んでいました。


ステージ横の小路に行きました。
巨大な石垣による防波堤。
さすがにこの上に乗る気はしませんでした。
落ちたらやだし。
テトラポッドならともかく、足元が不安定すぎるものね。
まあ、乗って歩いてる子供とかいましたけど。


桟橋にお船。


桟橋は陸地から2本突き出ています。
海岸線の特徴、出っ張ってる所同士は直線距離は近くても、移動しようとするととんでもない遠回りを強いられます。
もちろん、あちらには行きませんでした。


江ノ島アップ。


こちらにもライダー。


島の方にも行ってみたかったけど、時間がありません。
別の機会に。


ちょっとだけ歩いてみたら、強盗に注意せよとの注意書き。
さっきのあいつらか。


さて、時刻は14時となり、そろそろ帰る時間となりました。
行きが5時間かかったわけですから、帰りも似たような時間がかかるわけで、今からならざっと19時頃には戻れる計算です。
輪行バッグがあるので電車で戻るという手もありましたが、できれば帰りも自転車でできればと思っていました。
「自転車で、町田から江ノ島を、往復した」
というステータスが欲しかったから。
なので、 思いきって出発することにしました。
まあ、途中でどうしてもつらくなったら、近くの駅から乗ればいいわけですし。
そういうあたり、輪行できる状態っていうのは便利ですね。

で。結局、そう、20時頃に戻りました。
帰りはひたすら最短距離を目指して大通りメインで走ったのですが……途中、道に迷っちゃって、道1本間違えたら、わけわからない所に連れていかれてしまった。
いっそ川沿いに行けば迷わなかったんだろうけど……。

と、まあ、大変でしたけど、体力が戻ってきたという自信はつきました。
また機会があったら、ゆったりと行きたいですね。
そのときはもっと身体も楽になってるだろうし、もう迷うことはないだろうから。

★★★ 新しい称号をゲットした! ★★★
「自転車で町田から江ノ島を往復した者」

[151005〜]【福岡:博多】博多駅 に進む
[150422]【町田〜湘南台】境川ポタリング #4 に戻る
一覧に戻る